特商法取引

目安時間:約 1分


運営者 takayuki adachi
所在地 1-26-16,Gion,Kisarazu-shi,Chiba
連絡先 050-5307-3003
(特定電子メール・広告宣伝メールの送信は拒否します)
プライバシーポリシー 当サイトはアフィリエイトプログラムによる商品紹介のため
個人情報は一切取得できません。
そのため、個人情報に関しまして、商品販売者等の表記
をご確認ください
責任の有無 当サイトは、アフィリエイトプログラムを使用しているため
当サイトが商品を直接販売している訳ではございません。
そのため、掲載商品に関するお問い合わせは 販売者に
直接お願いいたします。


プライバシーポリシー

目安時間:約 3分

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、トプログラム)を利用しています。
 
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
 
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。
 

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。
 

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。
全てのコメントは管理人であるadachiが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。
加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。
 
特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
極度にわいせつな内容を含むもの。
禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。


加湿器の使い方

目安時間:約 3分

冬のカビについて

カビは乾燥していれば大丈夫かと言うと、一概にそうとは言えません。
 
最近の住宅では「高断熱」「高気密」があたりまえのため、室温が10℃以下にならない住宅では年間を通してカビが発生する可能性があります。
 
カビには相対湿度80%以上を好む好湿性の種類だけではなく、乾燥にも強くて相対湿度62?63%でも繁殖する好乾性の種類もいます。
 
好乾性のカビは少し乾燥したハウスダスト(フローリングで溜まる塵埃)からよく検出されています。
 
あとは靴などの革製品や敷物などの繊維製品にも発生しやすいので注意が必要です。
 
カビを防ぐ方法は、まずは基本の「部屋を乾燥させること」です。夜はともかく昼間は窓を開けて、部屋の風通しをよくしましょう。
 
あとは「部屋をきれいにすること」です。ハウスダストをなくすことで、カビが生えにくくなります。
 

ウイルス対策など風邪の予防について

意外と誤解されていますが、風邪などのウイルスは乾燥した環境の方が得意です。
 
逆に湿度40%以上の環境が苦手です。湿度が50%くらいになるとほとんどが死滅してしまいます。
 
そのため、部屋を適度な湿度に保つことは、ウイルス対策になります。
 
乾燥しやすい冬は喉や鼻の粘膜も乾きやすくなりますので、加湿器で部屋の湿度を適度に保つことは、風邪の予防に役立ちます。
 
ただし、加湿器は朝から晩まで1日中使うことはしないで、家族がよく集まる居間や長時間いる寝室などで適度に使うようにしてください。
 
注意することは、「湿度が50?70%になるように」調節をすることです。
 
部屋には「温湿度計」を取り付けて、適度に換気をしながら湿度が「低すぎず」「高すぎず」になるように調節しましょう。
 
昼間は換気をして、カビ対策を行ってください。

部屋の湿度の目安

適度な湿度は健康を考える上でも必要です。しかし、過剰な湿度はかえって身体の負担になります。
 
快適で、健康を保つためには湿度は40~60%の間に調整する必要があります。湿度が40%を下回ると乾燥のリスクが高まりますので、理想的には50~60%くらいが良いでしょう。
 
家の中の湿度が上がりすぎると、ダニやカビが繁殖しやすくなってしまいます。


確定申告についてまとめました

目安時間:約 4分

確定申告に必要なデータとは?

確定申告とは、1年間のすべての所得を計算し、納税額を算出して申告、納税する一連の手続きのことです。算出された納税額よりすでに納めた金額のほうが少なければ追加分を払い、多ければ納めすぎた分だけ還ってくることになります。
 
会社員の場合は年末調整があるので、基本的に自分で確定申告を行う必要はないのですが、医療費控除や地震保険料控除などは年末調整には反映されないため、こられの控除を受けるためには、自身で確定申告を行う必要があります。その計算にあたっては、次のような金額を算出することが必要です。
 
・収入金額等
・所得金額
・所得から差し引かれる金額
・税金 など
 
会社が発行する「源泉徴収票」は、これらを算出するために必要なデータがまとまった、非常に重要なものなのです。
 
 

住宅ローンを組んだら税金還付

住宅ローンを組んで住宅を購入・増改築をしたとき、一定の条件を満たせば入居後10年は所得税の還付を受けられます。具体的には、毎年末の住宅ローン残高または住宅の取得対価のうち、いずれか少ない方の金額の1%が10年間に渡り所得税の額から控除されます。その分、年末調整で払った税金が還付されるのです。特に平成26年4月以降は消費税増税に伴い、控除額が拡充されていますので、これから住宅の購入を考えている人も要チェックです。
 
参考記事:住宅ローン減税制度の概要|すまい給付金 http://sumai-kyufu.jp/outline/ju_loan/
 
なお、会社員の場合は、1年目のみ自分で申告しなければなりませんが、2年目以降は会社の年末調整で控除を受けることができます。
 

寄付金をしたら税金還付

国や地方公共団体、特定公益増進法人などに対して寄付をした場合には、所得控除を受けることができます(寄付金控除)。「その年に支出した特定寄附金の額の合計額」か「その年の総所得金額等の40%相当額」のいずれか低い方の金額をAとすると、
 
A-2000円=寄附金控除額
 
となります。
 
寄付金控除の対象となる団体には、国や自治体、一部の教育機関や独立行政法人などがあります。国税庁のページに詳しく載っていますので、こちらを参考にしてください。
 
参考記事:一定の寄附金を支払ったとき(寄附金控除)|国税庁 https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1150.htm
 
3)サラリーマンが確定申告をする方法
サラリーマンは給与所得しかないため、確定申告は簡単にできます。会社からもらえる源泉徴収票を持って税務署に行くだけと簡単(各種控除の証明書も必要。たとえば医療費控除であれば、1年分の医療機関の領収書など)です。わからないことなどは税務署の人が教えてくれるので心配ありません。
 

まとめ

いかがでしたか。サラリーマンでも確定申告をすべき理由を紹介しました。確定申告というと「帳簿」「会計」「税金」「控除」といったように難しい言葉が並んでいて、つい身構えてしまいがち。しかし、実際はそれほど大変ではありません。一連の手続きを覚えてしまえばあとは繰り返すだけですので、まずは今年度の確定申告からはじめてみてはいかがでしょうか?


カテゴリ:お金の事  [コメント:0]

結婚式の服装はどんなのが良い?

目安時間:約 7分

結婚式向きの女性の服装とは

女性の結婚式用のファッションとしては、和装と洋装の両方が選べます。和装の場合は未婚であれば振袖か訪問着、既婚であれば訪問着を着用します。洋装の場合は、ドレスやワンピースなどを着用するのが一般的です。
 
また、親族側として出席する場合のほうがフォーマル度が高く、控えめなファッションが好まれます。
 
結婚式はフォーマルな場なので、肌の露出が少ない服装を選ぶのがマナーです。肩が出るようなドレスの場合には、上にボレロなどを羽織ります。華美な服装をするあまり、花嫁よりも目立ってしまわないように気をつけましょう。
 
ただし、夜に行われる披露宴に関しては、イブニングドレスのような肩周りが大きく開いた服装も大丈夫です。
 
素材は、サテンやシルクなど上品で光沢のあるドレスを選び、場にふさわしい華やかさを添えるようにします。あくまでもフォーマルなので、派手な柄が入ったカラフルな服は避けましょう。
 
ほぼ無地で地模様だけ入っているものや刺繍入りは問題ありません。お祝いの席にふさわしい、明るく華やかな雰囲気のファッションを心がけましょう。アクセサリーも上品なフォーマル用のものを選びます。ネックレス・イヤリングはパールが定番です。

避けるべき女性の服装は?

結婚式は花嫁・花婿が主役のおめでたい席です。
 
そのため、身につけてはいけないものもあるので注意が必要です。まず、白いドレスなどの白を基調としたファッションはマナー違反です。
 
純白を表す白は花嫁だけが身にまとえる色ですから、参列者が白を着ることはタブーとされています。
 
特に、全身白のコーディネートは避けましょう。逆に、全身黒でまとめたコーディネートも、華やかなお祝いの席にはふさわしくありません。
 
過度に露出の高い服装も避けてください。特に、女性が気をつけておきたいのはスカート丈です。
 
ミニスカートは結婚式には不向きです。上品な膝丈を基本にするようにしましょう。
 
肌や脚、胸元を必要以上に出す服装は避けて、上品な装いを心がけることが大切です。

また、動物柄がついたものや、革製品、毛皮・ファーがついたものも避けるべきです。
 
動物に関係するものは殺生をイメージさせるので、おめでたい席では控えましょう。
 
気をつけたいのはバッグです。
高級ブランドのものであっても、革製品は避けてください。
 
結婚式にふさわしいのはサテン地のパーティーバッグやスパンコールがついたハンドバッグなどです。
 
バッグの色も、定番の黒のほかには、シャンパン色やゴールド、シルバーなどの華やかな色が似合います。

結婚式向きの男性の服装とは

結婚式の服装においても、男性は女性より服装のパターンは少なめになります。
 
フォーマルな場では、ダークスーツやブラックスーツを選ぶのが一般的です。
 
両者を比較すると、ブラックスーツのほうが格式の高い装いになります。
 
特に、服装は結婚式・披露宴が開かれる会場の格に合わせることも大事なので、格式の高いホテルや結婚式場の場合には、ブラックスーツを着用することをおすすめします。
 
また、ツーピースよりもベストつきのスリーピースのほうがフォーマル感は高くなります。
 
ただし、式の合間にジャケットを脱いでベストとシャツだけになるのはマナー違反になる場合もあるため注意しましょう。
 
ダークスーツ・ブラックスーツいずれの場合でも、白い無地のシャツを合わせるのが基本スタイルです。
 
シャツの襟もいろいろありますが、結婚式に出る場合は、ウイングカラーかレギュラーカラーを選びます。
 
ウイングカラーは、襟先が前に折れているフォーマル用のシャツです。華やかで正装感が高いので、合わせるスーツの品格を上げてくれます。
 
ボタンダウンシャツはカジュアルなシャツなので、結婚式には向きません。
 
袖はダブルカフスでもシングルカフスでも問題ありませんが、ダブルカフスのほうが一般的にフォーマル度は高くなります。
 
ネクタイは白・シルバーグレーを合わせるのが基本です。ごくオーソドックスな装いに見えますが、フォーマルシーンにふさわしい定番の色です。
 
ただし、より正装感を高めたい場合は、ポケットチーフをプラスするという選択肢もあります。
 
白いネクタイであれば、ポケットチーフも白を選びます。ポケットチーフの角を3つ外に出したスリーピークスにすれば、ダークスーツやブラックスーツがパッと華やかな装いに変身します。
 

避けるべき男性の服装は?

男性の服装にも避けるべきものがいくつかあります。
 
まず、女性の場合と同じように、全身白のコーディネートは厳禁です。
 
また、黒のコーディネートもお祝いの場にふさわしくありません。
 
黒色のシャツはそもそもカジュアル感が高いので、フォーマル用としては不向きです。
 
ピンクなどの派手な色のスーツも避けたほうが無難です。
 
あくまでも主役は花嫁・花婿なので、同じような服装をしたり、より目立つ服装をしたりするのはマナー違反になります。
 
男性の場合は、足元にも注意が必要です。
まず、白い靴下や短い靴下は避けてください。
 
ダークスーツやブラックスーツには、ふくらはぎ以上の長さがある黒か紺の靴下を合わせましょう。
 
靴は、黒の革靴であれば基本的に問題はありません。ブーツはカジュアルすぎるので結婚式や披露宴では避けるのが基本です。


カテゴリ:行事  [コメント:0]

ページの先頭へ