結婚式の服装はどんなのが良い?

目安時間:約 7分

結婚式向きの女性の服装とは

女性の結婚式用のファッションとしては、和装と洋装の両方が選べます。和装の場合は未婚であれば振袖か訪問着、既婚であれば訪問着を着用します。洋装の場合は、ドレスやワンピースなどを着用するのが一般的です。
 
また、親族側として出席する場合のほうがフォーマル度が高く、控えめなファッションが好まれます。
 
結婚式はフォーマルな場なので、肌の露出が少ない服装を選ぶのがマナーです。肩が出るようなドレスの場合には、上にボレロなどを羽織ります。華美な服装をするあまり、花嫁よりも目立ってしまわないように気をつけましょう。
 
ただし、夜に行われる披露宴に関しては、イブニングドレスのような肩周りが大きく開いた服装も大丈夫です。
 
素材は、サテンやシルクなど上品で光沢のあるドレスを選び、場にふさわしい華やかさを添えるようにします。あくまでもフォーマルなので、派手な柄が入ったカラフルな服は避けましょう。
 
ほぼ無地で地模様だけ入っているものや刺繍入りは問題ありません。お祝いの席にふさわしい、明るく華やかな雰囲気のファッションを心がけましょう。アクセサリーも上品なフォーマル用のものを選びます。ネックレス・イヤリングはパールが定番です。

避けるべき女性の服装は?

結婚式は花嫁・花婿が主役のおめでたい席です。
 
そのため、身につけてはいけないものもあるので注意が必要です。まず、白いドレスなどの白を基調としたファッションはマナー違反です。
 
純白を表す白は花嫁だけが身にまとえる色ですから、参列者が白を着ることはタブーとされています。
 
特に、全身白のコーディネートは避けましょう。逆に、全身黒でまとめたコーディネートも、華やかなお祝いの席にはふさわしくありません。
 
過度に露出の高い服装も避けてください。特に、女性が気をつけておきたいのはスカート丈です。
 
ミニスカートは結婚式には不向きです。上品な膝丈を基本にするようにしましょう。
 
肌や脚、胸元を必要以上に出す服装は避けて、上品な装いを心がけることが大切です。

また、動物柄がついたものや、革製品、毛皮・ファーがついたものも避けるべきです。
 
動物に関係するものは殺生をイメージさせるので、おめでたい席では控えましょう。
 
気をつけたいのはバッグです。
高級ブランドのものであっても、革製品は避けてください。
 
結婚式にふさわしいのはサテン地のパーティーバッグやスパンコールがついたハンドバッグなどです。
 
バッグの色も、定番の黒のほかには、シャンパン色やゴールド、シルバーなどの華やかな色が似合います。

結婚式向きの男性の服装とは

結婚式の服装においても、男性は女性より服装のパターンは少なめになります。
 
フォーマルな場では、ダークスーツやブラックスーツを選ぶのが一般的です。
 
両者を比較すると、ブラックスーツのほうが格式の高い装いになります。
 
特に、服装は結婚式・披露宴が開かれる会場の格に合わせることも大事なので、格式の高いホテルや結婚式場の場合には、ブラックスーツを着用することをおすすめします。
 
また、ツーピースよりもベストつきのスリーピースのほうがフォーマル感は高くなります。
 
ただし、式の合間にジャケットを脱いでベストとシャツだけになるのはマナー違反になる場合もあるため注意しましょう。
 
ダークスーツ・ブラックスーツいずれの場合でも、白い無地のシャツを合わせるのが基本スタイルです。
 
シャツの襟もいろいろありますが、結婚式に出る場合は、ウイングカラーかレギュラーカラーを選びます。
 
ウイングカラーは、襟先が前に折れているフォーマル用のシャツです。華やかで正装感が高いので、合わせるスーツの品格を上げてくれます。
 
ボタンダウンシャツはカジュアルなシャツなので、結婚式には向きません。
 
袖はダブルカフスでもシングルカフスでも問題ありませんが、ダブルカフスのほうが一般的にフォーマル度は高くなります。
 
ネクタイは白・シルバーグレーを合わせるのが基本です。ごくオーソドックスな装いに見えますが、フォーマルシーンにふさわしい定番の色です。
 
ただし、より正装感を高めたい場合は、ポケットチーフをプラスするという選択肢もあります。
 
白いネクタイであれば、ポケットチーフも白を選びます。ポケットチーフの角を3つ外に出したスリーピークスにすれば、ダークスーツやブラックスーツがパッと華やかな装いに変身します。
 

避けるべき男性の服装は?

男性の服装にも避けるべきものがいくつかあります。
 
まず、女性の場合と同じように、全身白のコーディネートは厳禁です。
 
また、黒のコーディネートもお祝いの場にふさわしくありません。
 
黒色のシャツはそもそもカジュアル感が高いので、フォーマル用としては不向きです。
 
ピンクなどの派手な色のスーツも避けたほうが無難です。
 
あくまでも主役は花嫁・花婿なので、同じような服装をしたり、より目立つ服装をしたりするのはマナー違反になります。
 
男性の場合は、足元にも注意が必要です。
まず、白い靴下や短い靴下は避けてください。
 
ダークスーツやブラックスーツには、ふくらはぎ以上の長さがある黒か紺の靴下を合わせましょう。
 
靴は、黒の革靴であれば基本的に問題はありません。ブーツはカジュアルすぎるので結婚式や披露宴では避けるのが基本です。


カテゴリ:行事  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ